長野県須坂市[あすかホール/あすか葬祭株式会社] 葬儀のご相談随時承ります。ご相談・御見積無料

もしもの時は?

通夜

 
  • 会わせたい人に至急連絡する
  • 医師に死亡診断書を書いてもらう
  • 葬儀社に連絡する(処置に50〜60分かかります)

通夜

 
  • 喪主、世話役代表(亭主役)を決める
  • 寺院などに連絡し、枕経をあげていただく
  • ご寺院様と時間等の打合せをする
  • 葬儀社と打合せし、葬儀の形式、場所、日取りを決める
  • 死亡届を役所に提出し、火葬・埋葬許可書を発行してもらう
  • 遺影用の写真を用意する
  • 喪服の用意をする
  • 近隣に挨拶しておく
  • 葬儀日程の通知、故人の氏名、死亡日時、通夜・葬儀の日時・場所を親類、友人、勤務先、町内会に知らせる。必要に応じて、死亡通知状や新聞広告を葬儀社へ依頼する

通夜の準備

  • 自宅で通夜をとり行う場合は、家の中を整理し、僧侶の控え室、通夜振舞の部屋を決める。会館で行う場合は、係員と打ち合わせる
  • 通夜弔問客の数の算定をする
  • 通夜振舞の料理や飲物を手配する
  • 座布団・食器など必要なものを調達する
  • 什器類を用意する
  • お布施、心付けを用意する
  • 近隣に挨拶しておく
  • 世話役以下の各係りを決める
  • 葬儀社と相談し、役割の分担を明確にする
  • 忌中札を貼る
  • 親戚で備える供物・供花等を決めて、手配する
  • 供物の並び方を確認する
  • 通夜返しが必要な場合は葬儀社と相談する
  • 弔電を整理する
  • 弔辞・お悔やみを依頼する

通夜

  • 僧侶にお経をあげてもらう
  • 読経後に、喪主から順に焼香する
  • 焼香終了後、喪主または親族代表があいさつする
  • 弔問客への通夜振舞をする
  • 一晩中、遺体を守って過ごす
  • 車両係は交通整理をする
  • 接待係は、僧侶の接待、通夜振舞の接待をする
  • 通夜返しが有る場合は会葬礼状、会葬御礼品を弔問客が帰る際に渡す

葬儀の準備

  • 火葬場への同行者の確認をする
  • 世話役と相談し、火葬場へ行く人の乗る車を手配する
  • 供花、花輪を並べる順番を再度確認し、決定する
  • 着席順を決定する
  • 弔電の紹介順序を決定する
  • 火葬場での飲食に必要なものを調達する

出棺

  • 遺族、親族の手でお棺を霊柩車に移す (地区によってはご近所の方)
  • 喪主が位牌を、他の遺族が遺影を持つ
  • 喪主または親族代表、葬儀委員長が会葬者に謝辞を述べる
  • 霊柩車を先頭に、火葬場に向かう
  • 世話役が火葬場に同行する人と車の手配を確認する

火葬

  • 火葬場に行かない親族は、残った会葬者や世話役に礼を述べる
  • 火葬、埋葬許可証を事前に葬儀社の担当者に渡しておくか、喪主が持参して火葬場の管理事務所に提出する
  • 火葬が終わるまで休憩室で待機する。遺族側は参列者に飲食の接待をする
  • 骨あげをする
  • 喪主が遺骨を、他の遺族が位牌、遺影を持って自宅(会館)に戻る

葬儀・告別式

  • 遺骨、遺影、位牌を祭壇に安置する
  • 時には、あわせて繰り上げ初七日忌の法要を行う
  • 終了後、喪主が挨拶する
  • 別室で僧侶にお布施を渡す
  • 受付係からの引継ぎをする

お斎(精進落とし)

  • 供養の宴を開く
  • 喪主が親族代表としてあいさつする
  • 世話役代表(亭主役)が挨拶をし、進行する

葬儀終了後

  • お寺参り時、僧侶と忌明け法要や納骨の時期について相談する
  • 印鑑を持って役所へ行き、各種法的手続きを行う
  • 公的年金や生命保険など、各種保険の支払い請求をする
  • 銀行、電話など、各種契約の名義変更をする
  • 遺産保全の為、故人名義の預貯金は全て凍結されているので、各金融機関にて所定の手続きをする
費用の確認はコチラをクリック
あすか友の会詳しくはコチラから
もしもの時は?Q&A